Walk eye Map

概要

歩行者やドライバーの視点に立ち、直感的でわかりやすく現実の街並に近いリアリティを持った次世代型地図。各種センサーとハイビジョンビデオカメラ・デジタルスチルカメラを搭載した専用車両(タイガーアイ)で市街地を走り、景観・建物の画像情報と形状・姿勢形態、経度緯度の 3 つの情報を収集・計測。このデータは最新カーナビの交差点景観案内やパソコン用地図での活用をはじめ都市計画・防災・警備など多様な分野で利用されています。
コンテンツ制作:ジオ技術研究所 / 地図づくりの技術

直感的でわかりやすい、3次元デジタル地図が望まれています

カーナビ、パソコン、インターネットなどの急激な普及により、2 次元デジタル地図が多くの人に使われるようになりました。そして、利用用途の拡大につれ、より現実に近いものを、というニーズが高くなることが予想されます。 今後、3 次元化の普及は、カーナビゲーションシステムや都市計画・防災計画などに応用することができ、よりユーザーの視点に近い地図情報を提供できます。


適用可能事例

3 次元デジタル地図の出現により、利用者は実際の街と同じような立体地図画像を見ながら、街を歩いたり、車を運転することが可能になります。 その為、下記のような様々な活用事例がございます。
  • カーナビ
  • モバイル
  • 各種 GIS
  • PC ソフト
  • アミューズメント
  • 不動産関係